孤独のブラックダイヤモンド 配信限定 DIGITAL SINGLE「孤独のブラックダイヤモンド」2017.5.24(wed) RELEASE

第二弾先行配信DIGITAL SINGLE
「孤独のブラックダイヤモンド」到着!

強固なバンド・サウンドによるマイナー・ロックチューン「孤独のブラックダイヤモンド」は男女のラブストーリーのようでいて“ブラックダイヤモンド”を何かのメタファーとも受け取ることができる、リスナーの想像力を喚起する意味深な歌詞による物語だ。ギターが憂いのあるコードを鳴らすとテナーサックスが傷ついた心を代弁するように泣き叫び、軋む胸の感情が粉々に弾け飛んでいく。言葉を吐き出しながら荒っぽいヴォーカルを聴かせるフミヤが都会に生きる孤独なドラマの主人公ならば、尚之のサックスは寄り添うようなストーリーテラー。その見事なコンビネーションで構築された楽曲のアンサンブル、サックスのフレーズや下降する印象的なベースラインは、彼らが築き上げてきたジャパニーズ・ポップスの歴史を垣間見ることができる。そして今ここにあるのは、結成20周年を迎えニュートラルな姿勢で音楽表現に向き合うF-BLOODの無垢なパッションだ。
孤独のブラックダイヤモンド

作詞:藤井フミヤ 作曲:藤井尚之 編曲:大島賢治

Don’t cry 真ん中 突然泣き出す交差点
赤い信号 しゃがむ背中 引きずったよ
Don’t catch 睨んでる 乾いた涙のその向こう
流れてゆく雑踏の中のハートブレイク

派手なネオンの街角 立ち止まった夜
悲しみより悔しくて あの日何処へ あの夜何処へ 消えた

突然 砕け 飛び散るダイヤ
戻らない 色も光も
ブラックダイヤモンド 不揃いの指輪
孤独の黒い欠片


Won’t cry 逆さま 自堕落な夜空を眺めてる
よろけ 転げた 抜け殻の 虚ろな路地
Won’t look back ウンザリさ 繰り返し何度も蘇る
寝ても覚めても悪夢のような笑顔

もしもう一度 抱けたなら 傷は癒えてゆくのか
もしも影がよぎるなら 長い夜が 暗い朝が 来るよ

ガラスの割れたチープな腕時計
戻らない 過去も未来も
ブラックダイヤモンド 揃いの小指に 食い込む

突然 砕け 飛び散るダイヤ
戻らない 色も光も
ブラックダイヤモンド 不揃いの指輪
孤独の黒い欠片